22日目は紅葉の細部を描き込む。紅葉は馴染みある葉形だがちゃんと描こうとするとバランスやグラデーションが難しい。

 

23、24日目は全体のバランスを観て気になる部分を加筆する。そして足場の端に芸術祭のノボリを付けることを提案し急遽設置して頂く。

 

ノボリを設置してくださっている実行委員の方と喫茶リーフのご主人。

 

これで壁画に目を留めた人に芸術祭のことも広報できるなら幸いです。

 

22日目のお昼に地域の方が芸術祭中に販売するイノシシラーメンの試食をする。

綾川に来てほぼ初めて猪肉を食べたがほんのり甘くて美味しい。もっと頻繁に猪が出没すると思っていたがまだ一度も遭遇していない、一度くらいは遭遇したい。

試食後滞在アーティストの鉾井喬さんに壁画制作現場を撮影してもらう。今回は制作過程を記録に残すことに重きを置いていて、描き始めから色々な人に制作過程を撮ってもらっている。

24日目の夕方には車で高松市美術館へ。芸術祭のプレイベントでもパフォーマンスをしたダンサー柿崎麻莉子さんのパフォーマンスを観に行く。

 

高松市美術館のフライヤーより  柿崎麻莉子さん

 

 

私はコンテンポラリーダンスについてはほぼ不勉強なので素直に“よく分からない”をベースに観ることにしている。

するとよく分からないけど何だか目が離せないもの、よく分からないまま興味を持てないものに分かれる。
柿崎さんのパフォーマンスは一時間ずっとドキドキして目が離せなかった。

こういうものが”良い作品”なのかなと思う。

 

私も良い作品を残せるよう頑張りたい。

 

●かがわ山なみ芸術祭2016
http://www.monohouse.org/yamanami/

 

●芸術祭のクラウドファンディング開催中!(ここだけの限定アイテムも多数!)
https://motion-gallery.net/projects/kyaf2016ayagawa

●かがわ山なみ芸術祭2016綾川町エリア
http://kyaf2016ayagawa.wix.com/dialoguewithnow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA