『かがわ・山なみ芸術祭2016』にて地元のお店の壁面に巨大壁画を描く制作が始まりました。高さ7mの足場で人生初命綱を付けての制作です。

 

町の方がとても立派な足場を組んでくださり、お店の方もすごく楽しみにしてくださっているので未知の作業環境とサイズですがもうやるしかない、頑張ります。

 

 

作業1日目の昨日は壁面の汚れ取りをして高所作業に体を慣らしながら構図の当たりを付けていった。

 

壁画滞在制作2日目。1番上の足場エリアのベースカラーを配置。

 

壁面に触れる一番下の層の付着強度が最も重要なので丁寧に念入りに塗り込む。

その後1つ下の足場エリアの壁の汚れを洗い流し終えたところで日没。

 

壁画を制作しているお店の方からみんなで食べてねとお餅やお菓子を頂き、滞在アーティストが寝泊まりしている旧小学校をリノベーションした施設 monohouse へ戻ると何と大量の牡蠣が。

こちらも地元の方がみんなで食べてねと持ってきてくださったもの。綾川町の皆さんのホスピタリティたるや。滞在しているアーティストで綾川の地酒 綾菊を飲みながら堪能した。とても美味しかった。

写真は滞在アーティスト 旅する服屋さん メイドイン  ユキハシトモヒコさん。

 

かがわ山なみ芸術祭2016
http://www.monohouse.org/yamanami/

●芸術祭のクラウドファンディング開催中!(ここだけの限定アイテムも多数!)
https://motion-gallery.net/projects/kyaf2016ayagawa

●かがわ山なみ芸術祭2016綾川町エリア
http://kyaf2016ayagawa.wix.com/dialoguewithnow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA