高松三越の個展中、観に来てくださった かがわ・山なみ芸術祭 でお世話になった綾川町の方々と高松にある栗林公園を回りました。

 

芸術祭中は綾川町周辺以外はほとんど観光に行かなかったので新鮮でした。夏の日差しに照らされた緑と整備された庭園が美しかったです。ゆったりとした時間を過ごせました。

 

その後壁画を制作した喫茶リーフのお母さんの故郷である、アジサイの里として有名な愛媛の新宮へ連れて行って頂きました。

お母さんの親の代の町の人々が過疎化していく町を盛り上げようと、自分達でアジサイを地道に植え始め、長い年月をかけて今では本州からも人が見に来るようになったそうです。

もう花の時期も終わっていると思ったらまだ咲き終わりの花が残っていて、それだけでも圧巻の景色でした。アジサイの川と滝のようでした。

近くには美しい沢もあり、また来年アジサイが見頃の時期に来たいなと思います。

 

一緒に回った芸術祭参加アーティストの田村さんと浅沼さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA